自分を成長させてくれる職場とは

まず、デニーズの仕事には、ホールとキッチンという仕事がある。ホールの仕事は、主に接客がメインとなる。例えば、席への案内、オーダー取り、料理運び、片付けなどである。また、オーダーを取る時に使用するハンディの使用方法を覚えることも重要である。これらの仕事を覚えるためには、単に職場で覚えようとするのではなく、自宅に戻って自主的にシミュレーションをすることで暗記することも大切である。一方で、キッチンの仕事も覚えることが多い。キッチンでは、洗い場、フライヤー、グリルなどの持ち場に分かれている。しかし、最終的にはすべての持ち場で、調理方法や盛り付けなどができるようにならなければならない。つまり、キッチンに配属されると、料理方法は必ず覚える必要があるのだ。チェーン展開しているファミレスは、接客マナーやお店で出すメニューに統一感を持たせている場合が多く、それはデニーズでも例外ではない。最初の頃は先輩からの指導を受け、改善しながら成長するという過程を踏むことが多い。デニーズにはバイト初心者にもわかりやすいマニュアルがあるので、何度もマニュアルを確認すると良いだろう。最初のうちにきちんと覚えると、その後がとても楽になる。そのために入ったばかりの頃は、多少無理をしてでも数多くシフトに入る方が良いだろう。仕事内容をある程度把握すると、その後は案外簡単に仕事を進められるようになる。デニーズの仕事をして、貴重な経験をしてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です